本文へスキップ

パソコン、サーバー、ネットワーク構築・VPN接続のことならピーシーベースへ。


 TEL. 0957-65-0650  MAIL.info@pcbase.co.jp

島原教室Shimabara school

島原教室

住所
長崎県島原市先魁町1163-50
開校時間
月曜日~金曜日 9:00~17:00 (土・日・祝日休み)
連絡先
0957-64-5224

修了生感想 (令和2年8月31日修了 オフィスパソコン科)


3ヶ月の訓練期間は思っていた以上に、あっという間に終わりました。
 私はこの期間で2つのことを学んだと思います。
 1つは、入力ができる?程度だった私は、仕事に就くうえで操作がスムーズにできるようになったらいいな。
ぐらいの気持ちで受講しました。 甘かった。
「訓練を受けに来ている」という現状を突き付けられ、気持ちが切りかわった。
勉強モード突入!
「自分のための時間は、たったの3ヶ月しかない」どこまで出来る?
確かに授業は厳しい。スピードも早い。覚える事しかない。
正直、この状況で3ヶ月、私はもつのかな?と思っていました。
しかし、まわりはみな同じ条件の仲間たち。
勉強をするために、自分もまわりも意識と環境を整えると、すぐに楽しい時間に変わりました。
出来なかった事、知らなかった事がどんどん自分で出来るようになる喜びを知り、ますます集中できるようになりました。
“意識を変える”大事なことを学びました。
どんなに厳しく、難しい事も、一緒に頑張っている仲間がいた。支えてくれる方々がいたからこそ、続けていけたと思います。『皆さんありがとうございます。』
 もう1つ学んだことは、“人間関係”です。
「平均年齢過去最高!」と、言われただけあって、みな素晴らしい経験と自信がある。
自分というものをちゃんと持ちすぎている。(もちろん私も)
だからこそ難しい。言う方も言われる方も頑固だ。
3ヶ月間あちこちで見受けられた、想いのくい違いバトル。
日本語の難しさ・言い方とらえ方の難しさ・人へ伝える事の難しさ。
今後、就職を控え誰もが人間関係で必ず悩む時期が来ると思う。
この3ヶ月はその前にいい勉強になったような気がします。
 結果、一言でいうと楽しかった訓練生活。
毎日、たくさん猛勉強しました。
毎日、たくさん超笑いました。
毎日、たくさんのことにハラハラ・ドキドキしました。
 先生方をはじめ、仲間たちにありがとうと頑張れの気持ちでいっぱいです。
(でも、頑張り過ぎない。私も皆も若くない。 立ち止まりながら進むことも大切だ。)
これからも、前を向き笑いながら、進んで行きたい。
                                             40代 女性



六月に始まった訓練も、残り一日となりました。職業訓練に参加して三ヶ月を振り返ってみると、急ぎ足でかけてきたような感じがします。
毎日が、明けても暮れてもパソコン一色で、最初の頃は、初めて耳にするような専門用語が多く、丸暗記するので精一杯でした。
 前職場でもパソコンを使って仕事をしていたのに、あまりにも知らないことばかりで、情けなく恥ずかしいに尽きましたが、ここで基礎から教えてもらったことは本当に有難いと思いました。でも、確かに仕事では限られた知識や操作でよかったし、それよりも前任者の作ったデータを壊さないようにすることだけで、様々な操作があるにもかかわらず、使いこなせなかったのが悔やまれます。
しかし、一ヶ月も過ぎると徐々に慣れ、難しくてもやりがいがあり、楽しいと思えるようにもなりました。
それも束の間、検定という現実が迫り、時間を忘れての実技の練習に没頭する毎日でした。なかなか100点が取れないことで次の課題へ進めず、焦るばかりでした。そんな時、次こそは絶対に100点取るぞと私を奮い立たせてくれたのが、やはり「練習は裏切らない」という言葉でした。それを信じて何度も何度も繰り返し頑張ったおかげで100点が取れ、波に乗ったような勢いで次々に進むことができました。それでも自分の中では100%仕上がったとは言い切れなかったので、みんなに遅れてでも焦らず納得のいくまで自分のペースで頑張ろうと思いました。そして今は、WordとExcelの3級に合格できてホットしているところです。
そんな中、日々の緊張感から解放してくれたのがPowerPointでのプレゼンテーションでした。みんなはどんなプレゼンテーションをするのか興味津々でした。本当に楽しかったです。
私にとってこの訓練期間はとても充実し、訓練だけでなく色々なことを学ぶ機会となりました。きっと私のこれからの生き方や次の仕事へ役立つものと信じています。
これからも、「できるまでやるのが努力、練習は裏切らない」を忘れず、頑張っていきます。
三ヶ月間、私たちをご指導して下さった城戸先生をはじめ、職員の皆様に心より感謝申し上げます。

                                               60代 女性



また、前向きになるように、株式会社ピーシーベースの訓練に参加させていただきました。前回約10年前、長い専業主婦後就職活動をしておりましたが、なかなか思うように事が運ばず、何度も履歴書を出しても戻ってきてばかり、否、先方が返すことすら忘れられるほど、面接も受けられることもできない状態の中、貴社の訓練を受けることになり、毎日が学生のように訓練生の皆さんと一緒に学ぶうちに、若い時のように向上心がわいてきたことを思い出しました。
 今回は、前回同様に前向きに物事を考えられるよう、また、行動できるように、さらに、Excel2級合格を目指し、就職につながるようにまいりました。あと一週間の訓練ですが、悔いのないようにしたいと思います。
 このような機会を与えていただき、親切丁寧に、力のこもったご指導本当にありがとうございました。感謝申し上げます。
十四名、途中無事就職できた方二名を除き、あと数日で皆さんと一緒に訓練を終了します。
 私を含め割と平均年齢が高かったので、人生いろいろの話を多く聞くことができ、毎日楽しく過ごすことができました。
 ちょっとのんびり屋の私に親切に応対して頂きうれしかったです、わからないことを聞いても嫌な顔一つせず、教えてもらって、ずいぶん心が安らぎました。
 私も皆さんもこれから、就職活動が本格的になると思います、この教室の前向き・向上心を忘れず、がんばりましょうね。ありがとうございました。

                                               50代 女性



30年間勤務していた職場を退職して、パソコンのスキルを上げるために3か月間、今までなかった経験をさせていただきました。
まず初日の入校式では、担任の城戸先生から「ここは訓練です、パソコン教室とは違います」という言葉で「ハッ」と思い就職目的の訓練ということを改めて考え緊張感が久しぶりにはしり、気を取り直しました。
訓練が始まり、わたしの不得意なパソコン専門用語の知識の授業で、なかなか覚えることができず、自己嫌悪に陥りました。
しかし、「乗り掛かった舟」降りるわけにはいきません。最後まで楽しみながら頑張れるように自問自答しながら日々新しい授業についていくのがやっとでした。
特に訓練で感じたのは、やる気があれば何歳からでも?と思っていましたが、年齢を重ねると新しいことを始めるには、何倍も努力が必要ということを実感し、同世代の方とも話を幾度か交わしながら、年齢について考えるいい機会となりました。
救われたのは、クラスの雰囲気はとても良く、今までとは違った職種の方との話を聞いたり、一人一人のスピーチでは、(趣味)(好きな四字熟語)(あなたにとって仕事とは)というテーマで話をしたり聞いたりする中で、それぞれの思いが伝わり、十人十色という言葉にぴったりでした。
また、プレゼンテーションでは、パワーポイントを使って発表する経験がなかったので戸惑いましたが、自分の好きなことをクラスの皆さんそれぞれの分野での発表が聞けてとても勉強になり、今後何らかの形で役に立ちそうな気がします。
日々の授業の中で、先生の話を聞きながら、再就職の厳しさ、就職するために有利になる資格を取るための準備など、クラスの皆さんがまじめに取り組まれる姿を見て、老体に鞭を入れながら自分の中では努力したつもりでありましたが、他の方の話を聞くとまだまだ努力が足りないこと、また自分の弱点に改めて気づくことができました。
検定では学んだ確認の大切さ、日々の努力、また、城戸先生の厚い熱い情熱、厳しさ、優しさ、家族の大切さ、沢山のことを学ばせていただきました。
この3か月弱の訓練でしたが、私の人生の中ですごく充実した貴重な日々を過ごさせていただき、今後次のステップでは訓練で学んだことをいかし、再就職に繋がるよう今後も努力していきたいと思います。
3か月間大変お世話になり、ご指導ありがとうございました。

                                               50代 女性



今回の訓練に参加して、パソコンの知識や技術を学ぶことができ、充実した日々を楽しく過ごすことができました。
前々からあった、パソコンのことを学びたいという思いが、ようやく実現できて非常に満足です。
今回参加した人のほとんどが、パソコンの経験があり、自分は何もわからなかったので、かなりの危機感がありました。でもそのおかげで、取り残されまいと真剣に勉学に励むことができました。パソコンを学ぶ気持ちは誰にも負けないという思いで頑張ったことで、自分を成長させることができたと思っています。
訓練が始まった頃は、資格を取ることに積極的でなく、3級取れたらいいな位にしか思ってませんでしたが、周りの頑張っている人たちを見て、自分も2級取得を目標に頑張れる様になりました。
そして今回参加した人は、わからないところを親切に教えてくれたり、やさしく声をかけてくれたりと、いい人ばかりだったので毎日がとても楽しかったです。
あっという間の三ヶ月で、特に後半は、勉強漬けの毎日になり正直しんどかったけど、結果を出すことができてよかったです。
いつか今回の職業訓練を振り返ったときに、あの頃は必死に勉強してたなぁと思えるくらい頑張れたことで、将来のいい思い出になれればいいなと思います。

                                               40代 男性



★練習は裏切らない★
振り返ってみると、今まで生きてきた中で、ここまで集中して勉強したことはなかったように思います。自ら興味を持って学び始めたことなので途中で諦めるつもりはなかったけど、思っていた以上に先生のご指導が厳しく、始めの頃は家に帰るなりクタクタで、週末は動けないほどでした。でも模擬100点を繰り返してとると本番の試験でも高得点をとることができ、そのうち勉強することが楽しくて仕方がないほどになっていました。自分はやればできるのだと自信を持てるようになりました。休み時間や放課後も、休憩を惜しんで勉強したいとさえ思うようになったのだからすごいことだと思います。できることならもう1ヶ月でも長くこの教室で、同じ仲間と学び続けたいくらいです。
★仲間との絆★
たった3ヶ月間でしたが、お互いに教え合ったり鼓舞し合ったりしているうちに、いつの間にかクラスの強い絆が出来上がっていたと思います。資格に合格したとき、みんなから祝福をしてもらえて本当に嬉しかったです。不安でたまらないときに「大丈夫!できる!」と何度も励ましてもらって本当に助けられました。1人だけでの勉強だったらここまで頑張れなかっただろうと思います。
★3ヶ月での成長★
入学前と比べたら、パソコンの知識も技術も格段に増えて、資格も4つとることができました。人に自分の意見を伝えることや、人前でのスピーチも少しだけできるようになりました。自分が思っている以上に負けず嫌いだということに気付けました。そして何より頑張っている自分を好きになれました。年齢も人生経験も上の人たちが、私よりも努力している姿を間近で見て、これからもっと頑張っていかなければと思いました。色々な面で、この3ヶ月で成長できたように思います。
これからもこの教室で頑張ってきたことを忘れず、就職活動と自分のスキル向上を頑張ります。

                                               30代 女性



パソコン・・・・私の苦手とするもので、苦手意識を克服したいと思い入校しましたが、14人のみんなと一緒に受講したのにだんだんと差がついてしまいました。差がついていくと焦ってしまい、パニック状態になり結果、みなさんには申し訳ないが検定をあきらめてしまいました。
 3級検定は以前取得したのに、全然活用しないとこんなにもできなくなったと愕然としました。
 私は、上手くなることだけを考え基本をしっかりとしてなかったと反省しました。検定をあきらめた後は、しっかり本を読みながら、理屈なしに基本を大事に続けていこうと思い自習をさせてもらいました。今は、一問一問をしっかり自習しています。
皆さんのパソコンを上達させ就職にかける輝きは刺激となっています。
 チャレンジ精神で臨んだものの、自分の弱点を改めて知り、今後はこの弱点を改め、一歩一歩を確実に進んでいこうと思いました。
 最後まで受講できたのは、皆さんがいらしたから受講できたと感謝しています。

                                               60代 女性



3月に退職して4月から新しく仕事を探すか、失業期間に在職していたらなかなか出来ない事をしようと考えていた。
とくにコロナ感染症の世界規模の流行もあり、新しく職探しの為の企業面接など就職活動での移動でも、感染リスクがある可能性が否めない状態では自分のスキルアップにつながるような時間を設けようと至ったのである。
特に、パソコンでExcelを使った表の計算を以前の職場の上司がしているのを見て、自分でパソコンを使うとしたら打ち込み~印刷程度。データ活用など学生時代に習った知識も使わなかったら忘れてしまっていて、自信をもって使えますといえない状況だった。
ハローワークで求人をチェックした後、職業訓練のチラシを見つけて職員さんに聞いてみると、ギリギリ申し込み間に合いますよ、との返答をもらったのでその日のうちに申し込みました。
訓練実施計画書に目を通すと、各種ビジネス文書の作成、データ分析、プレゼン資料の作成など実務を想定した知識や技能の習得を目的として求職の幅を広げ安定した職業人生を送る準備ができる。と記載してあります。6月5日(金)の入校式の時には、あまりラフ過ぎない恰好できてくださいね。と言われたので堅苦しくない程度の服装で参加しました。
教室に入ってみると14人と想像したより多くの方が来ていらっしゃって、個人で求職活動している段階では想像もしていなかった、失業して就職活動している方世の中にいるんだな、と思いました。

担任の城戸先生と会った時は、関西弁の話し方が入っていて、前に押し出してくるような雰囲気があり、大阪出身の方なのかな?との印象がありました。ダメ、良い、どうでもいい、をきちっと伝えてくれて、話し方が上手だったので、すごい分かりやすい先生だと第一印象あります。またそれと同時に、関西人の知り合いが多く、竹を割ったような性格は好感がもてました。先生も訓練校出身で、そこからパソコンの勉強をされたとの事。知識・操作の勉強、また講師として教えるにあたり検定対策などさまざまな資料を管理・作成、生徒に配布など今の状態に至るまでに相当な努力をされた様子が伺えて、自分も頑張らないといけないなと奮い立たされる思いでした。
パソコンの知識は、自宅でゲームや動画配信を少しやっていたので心構えの点では少し楽でした。しかし、操作をする事に関してはExcelでも打ち込みだけで、データの活用やら関数を使用しての計算などはほぼしていなかったので、集中的に勉強していきたいと思っていました。
Wordに関しても、今回スマートアートやスタイルの変更など触った事ない機能を使った授業を受け、またPC検定2級まで取得する事ができホッとしたのと同時に、それまで授業、試験対策など付き合って頂いた先生には、本当にありがとうございます。
Excelでも、残り1週間を切りましたが、検定2級まで取得でき以降、関数の勉強資料を頂いて、現在行っておりますが最後まで頑張っていきたいと思います。
そして、PowerPointでの作成発表、皆さんの前でのスピーチの練習など、初対面ではなかなか、話しづらいが社会人では必要になる授業もしていただきました。
話して自分の意見・考察を聞いてる人に、的確に伝えるという訓練は大事だと思いました。しかし、社会に出てみるとなかなか、そういう練習をする場所がなく、職業訓練で体験できたのは良かったと思います。

3カ月間、年齢や置かれている環境は違うけど、机に並んで授業を一緒に受けた皆様とも仲よくなれ、お互いに刺激し合える関係で切磋琢磨できてよかったと思います。
最後になりますが、3カ月前のパソコンを使っている自分と現在の自分を比較したとき、確実に今の自分はパソコンを使った資料整理やデータの活用ができると断言できます。このようになれたのも、城戸先生や周りのスタッフ、一緒に授業を受けてくれた訓練生の皆様のお蔭です、本当にありがとうございました。

                                               40代 男性



最初に3ヶ月間の過密スケジュールを見た時は、4月から生活がスピードダウンしていたので、能力的な事よりも体力が続くかどうかが心配でした。
 現役時代に於いて顧客管理、数字の管理、日々の報告、情報誌作成とPCを使える事が仕事をしていく上で必須となってきました。その日々の中で、PCの知識・技術不足のために遅れをとる事に不甲斐なさを感じていました。自分のマイナス要因だったのです。
無事に定年退職を迎え、趣味等で楽しく過ごす道もあったのですが訓練の情報を得て飛びつきました。チャンスだと思ったのです。
正直なところ、聞きなれない関西弁、超厳しい言葉、授業のハイスピードにかなり驚き、怖じ気づきました。もともと不得手で参加したのですからスラスラと頭に入る訳もなく、とにかくついていくのに必死でした。学生時代に戻ったように毎晩勉強しました。嫌であったなら出来ない事なので、おそらくやり甲斐を感じていたのだと思います。Word3級を受ける時には、ゴムが限界まで伸びきった気がしていました。そして、自信はありませんでしたがExcelにも挑戦したくなったのです。
 訓練に参加していなかったらダラダラと無駄な時間の過ごし方をしていたかもしれないし、自分の事より家族の事ばかりに時間を費やしていたかもしれません。若い方々と一緒の毎日は生き生きと過ごせた反面、自分の年齢というものに直面させられたのも事実です。
「シルバー世代」というひとくくりになったとしても、心は常に更新していたいと思っています。
 「趣味」のスピーチでも話しましたが、40歳で不得手なスポーツに挑戦しました。また節目の60歳で不得手であったPCに挑戦できて良かったです。その上、Word・Excel
3級に合格出来た事は夢のようです。
 「訓練を勧めますか?」と尋ねられたら、答えは「Yes!」です。
これからの時代、仕事に就く上でPCは必要不可欠です。たった3ヶ月です。
覚悟を持って訓練に参加し、履歴書に書ける資格を増やして下さい。
簡単です!
先生の指導通りに素直に受講すれば大丈夫、だと今は言えます。


                                               60代 女性



ここにお世話になって、トータル的にいえば、パソコンに関しては当たり前ですが少しはできるようになりました。
城戸先生のアロマの話で盛り上がる一部の人は正直迷惑でした。
サロンシップのような臭いで目も痛くなることもありました。
 文書作成の3級検定前の、知識模擬の時、前半はその話で盛り上がっていて、うるさくてイライラした記憶があります。
資格も文書作成3級合格の時に城戸先生に言われた言葉で、やめたいと思ったし、「合格して何でディスられなあかんねん!」と思ったこともありました。
席替えで周りの変化で、やる気が失せてしまいましたが、結局自分が弱かったのでしょう。力が抜けました。
誰も気づいていないと思いますが、入力練習の時、左腕が上がらず気楽に入力ができるようになったのも、この後からです。
もうひとつ、これだけの数がいて、一人でも事業を起こしたいという人がいないのには、残念でした。職業訓練の「職業」には、事業を起こすことは視野に入っていないようで。
ここにきて、はっきりしたことは、自分は集団行動が苦手と思っていたのが、全くできない。向かないということを確認できたので、これから先の方向性を見つけることができました。
 ここで出会った人たちも、人生という交差点ですれ違ったぐらいの感じでしょうか。
点で交わった程度なので、もう、たぶん会うこともないでしょう。
なので、割り切った人間関係に徹することができました。
この、3か月間は、人間観察には最高にいい勉強になりました。
この感情を出せばこう反応するのかとか、他人とどの程度の間隔で付き合えば、嫌われず、差し障りなくいけるのか、自分の中では、境界線(ライン引き)が明確になりました。商売には必要不可欠なものが。
 この3か月は、本当に有意義でした。
これから先は、やりたいことを自由にできる会社を創る予定です。
ちなみに、隣の店のカレーはうまかったです。500円は安すぎです。
お世話になりました。


                                               40代 男性



はじめは失業手当の延長もなるしパソコンが少し出来ればいいな~と簡単な気持ちで挑んだのが後の祭り…来てみると、まあまあ過酷で驚いたのが始まりでした
パソコンの知識はもちろん、初めて会った14人の名前を強制的に覚えさせられたのには参りましたが後になればいいコミュニケーションが取れたのでさすがだなと思いました。

ひとつひとつ資格を取っていく中、過酷で緊張やプレッシャーと闘いながら挑んできましたが合格するたびに達成感もあり家では子供に褒めてもらえ誇れた貴重な時間を得たように思えます。

 訓練の仲間は色んな人がいて色んな葛藤がありました。
笑ったり腹が立ったり忙しかったけどわからない時は快く教えてくれる優しい人ばっかりで本当に助けてもらい感謝しかありません。
私の大っ嫌いな腹が立つ人は口ばっかりな人…
雰囲気を乱したり自分勝手な人がいましたが、その人はそれまで!
人間、腐ったら終わりだなーとこれまた勉強になりました。

今までこんなに勉強したことないぐらい頑張りました。
残念ながら文書の2級までは手が届かなかったけどExcel2級が合格した時は、まさに‼「練習は裏切らない」でした(´;ω;`)

 最後に城戸先生‼梅雨時の頭痛がありながらも一生懸命教えてくださりありがとうございました。年も近いせいか話も盛り上がり毎日楽しく通うことができました。
口は悪いけど(笑)その言葉には愛情があり昭和の先生の様で学生モードが充実しました。目の前にあるお菓子をすぐ食べる姿はとっても可愛かったです(笑)


                                               40代 女性



思えば、4月下旬にコロナの影響でタクシー会社を退職し、ハローワークを訪問したのが、この訓練に来るきっかけでした。そこで、ハローワークのあっせんでこのパソコン訓練に行けるシステムがあると知っていた私は、軽い気持ちで、担当の方に「今、パソコン訓練の募集はあってますか」と訪ねると、一度は、募集はもう終わったところです。という返事だったのですが、しばらくすると、ごめんなさい、ギリギリセーフでまだ募集に間に合いますよ、という返事が返ってきました。それが、私がこの訓練に参加させていただいたきっかけです。
 そこで私は、もうかなり以前にはなりますが、前職での事務の経験と、このタイミングを生かし、訓練に参加し、現在必須となってきたパソコンスキルを習得し、今一度、事務職を目指そうと考えました。「少しパソコンを扱えば、すぐに慣れるだろう」という、甘い気持ちもあったせいか、いざ訓練に参加してみると、これがなかなか頭に入ってこない。「これが歳というものか」と、痛切に感じました。それに文字入力の遅さも重なり、初めのころはアップアップ状態。何とかワードの3級は取れたものの、エクセルの試験の初回は不合格。なんとも恥ずかしい結果に終わったのですが、再度試験を受け、実技試験は何と100点で合格。受験料はもちろん2倍かかりましたが、「油断大敵」と、「まだまだ練習不足」の二つの言葉を私に言い聞かせてくれました。これは必ずしや将来、私の財産になってくれるものと、いや、私が財産にしていかなければいけないと思っております。
 このパソコン訓練では、パソコンの知識や操作に限らず、仕事に対する心構えや、長年松下幸之助氏に仕えた江口氏が著された「成功の法則」の輪読など、長年同じ職に仕えてきた私には、眠りから覚めさせてもらったような気がします。奮い立たされました。
 それから、すごく印象に残ったのは、城戸先生の体験談です。前職で営業を経験した私には、そうそう、と、うなづかさせられることばかりでした。そして、城戸先生の熱血ぶりにも深く感心させられました。これが、自分の仕事に誇り、信念を持ち、日々活躍されている人の姿とまぶしく思いました。そして、私も次の職場でそうなることを目指して、日々の業務に邁進していきたいと思っています。ありがとうございました。


                                               50代 男性



バナースペース



株式会社ピーシーベース

〒855-0042
長崎県島原市片町576

TEL 0957-65-0650
FAX 0957-65-0084