次に、訓練期間中に受験できる検定について説明します。

検定を受けるうけないは、個人の自由で、絶対ではなく任意です。
訓練を受ける中で、自分で選択できます。
ですが、せっかく受けられるレベルになるまで勉強するのですから、是非受験してください。


まず日商PC検定についてですが、文書作成3級、2級、データ活用3級、2級、電子会計3級の受験が可能です。
3~4ヶ月間頑張って、ほぼ100%のかたが合格されます。
最年長で69歳の訓練生の方がWord・Excelの3級に合格されています。

日商PC検定は実務にすぐ役立つ内容で即戦力の証明にもなります。
企業実務に必要とされる基本的なITネットワークの知識又はスキルを有し、
自己の業務に活用することができるレベルであり、上司の指示に基づき、
業務にあたる担当者レベルの資格です。
実際の試験では知識問題と実技試験があります。100点満点中70点以上で合格となります。

検定試験はすべてネット試験ですのでいつでも受けることができます。もし不合格だった場合でも、すぐにもう一度受けることが可能です。
いつもの教室・いつものパソコンで受験することができるので、落ち着いて試験を受けることができると思います。

日商簿記検定は3級の受験が可能になります。
PC検定と違い、決まった試験日に商工会議所にて試験が行われます。
制限時間は2時間で100点満点中70点以上で合格となります。


この機会に資格を取得し就職で強みにしていただきたいと考えています。